2012年3月21日 (水)

入院生活

人生2回目の入院生活。

前回は初めての出産と赤ちゃんの世話で余裕がなく、退院日も通常より1日早めたためあっという間の入院生活でした。

実は密かに入院生活を楽しみにしていたんです。

毎食豪華なご飯に3時のおやつ付き!

家に帰ってしまえば、なんとなく家事やゆまるの世話をすることになってしまいそうなので、とーちゃんに甘えて今回は5日間ゆっくり入院させてもらうことにしました。

とーちゃんも、かーちゃんの入院中はお仕事を休むつもりで、会社の方には事前に了解を得ていたし、ゆまるとの2人の生活を楽しみにしていたようなんです。

結局、仕事が忙しくなって休むことができず、昼間はバーバにゆまるをみてもらい、帰宅後、家事とゆまるの世話をすることに・・・。

大変そうなとーちゃんに申し訳ない・・・と思いながら、かーちゃんは出産の疲れを癒すためゆっくりさせていただきました。

Photo_2

ある日のおやつheart04

毎食「こんなに食べていいの?」と思うくらいの量で、おやつもこんなに立派。

1人目の時はあちこち痛くて食欲がない日もありましたが、今回はすべて完食!

献立はいろいろな食材が使われていて、バランスがとれているな~と勉強になりました。

そして、楽しみにしていた退院食。

退院日の前夜、お部屋でゆっくりいただきました!

Photo_3

入院中、はじめてゆまると別々の夜を過ごしました。

ゆまるはとてもいい子にしていたようで、自分のことは自分でしっかりとやっていたようです。

夜は、とーちゃんと手をつないで寝ていたそう。

夜寝る前に、電話で話しました。

今まで半日以上離れたことがなかったので、電話するのも初めて。

電話を通した声はいつもより幼く感じました。

病院に面会に来ると、かーちゃんの手を握って顔をすりすりしたり、抱きついて、「かーちゃん、だいすき!」と何度も言ったりcatface

病院から帰るときも愚図ったりせず、バイバイ!と言って振り返らずに帰って行きます。

寂しいのを我慢しているんだなと思うと、1日退院を早めてあげればよかったな・・と思いました。

 

とーちゃん、バーバ、ゆまるの協力で、かーちゃんはゆっくり体を休め、産後の経過もよく退院することができました。

みんなに感謝です!

| | コメント (3)

2012年3月19日 (月)

2人目出産レポ

今回も記録に残したいので、出産レポしておきます。

2人目はラクだよ~とよく聞きますが、1度経験してあの痛みを知っている分、恐怖感もあり・・・。

自分の1人目出産レポを読み返してみたり、2人目を出産した人の出産体験談をいろいろ読んでみたり。

出産日が近づくに連れて、忘れかけていたあの痛みや恐怖がよみがえってきました。

そして、いよいよ誘発分娩の日がやってきました。

2月29日(水)

《2:00》 

ベッドで寝ているとお腹の張りが頻繁に。

でも、これって陣痛?

1人目の時は、下痢をしてトイレに行きたくなるような痛みだったので、ちょっと違います。

しばらく携帯で間隔を計っていました。

《3:00》

隣で寝ていたとーちゃんが気づき、ちょっと早いけど起きて支度することに。

《4:00》

一通り支度が済んでも張りの間隔は縮まらず、陣痛かどうかも微妙。

どうせ8:00には病院に行く予定だったので、病院へ連絡して念のため早めに行くことにしました。

病院へ連絡すると、面会時間以外は子供は病院内に入れないとのこと。

早朝だったけれど、バーバに連絡してバーバのおうちに寄ってゆまるを預けて行くことにしました。

ゆまるを起こして「赤ちゃん産まれそうだから、病院行くよ」と言うとちゃんと理解してくれたみたいで、ささっとお支度してくれました。

《5:00》

バーバのおうちに寄ってゆまるを預けてから、とーちゃんと病院へ。

1人分娩室で分娩中、2人陣痛室で待機中で出産ラッシュだったようです。

仮の入院室に通され、着替え、内診、点滴などの処置を受けました。

着替えをする前にトイレに行くと、おしるしが!

やっぱり陣痛だったんだ~と、その時気づきましたsweat02

内診の結果、子宮口3cm。

「やっぱり経産婦さんだから子宮口やわらかいわね~」と助産師さん。

これは早く進むかも。とちょっと期待してしまいました。

《8:00》

陣痛5~7分おき。

朝食が出たので、余裕で完食。

Photo

《10:30》

朝食後、陣痛が進むように廊下をウロウロ。

陣痛室で待機していた1人が分娩室に移動したので、陣痛室に入ることに。

もう1人陣痛室に妊婦さんがいたため、とーちゃんは廊下へ。

入院室からも追い出されてしまったので、とーちゃんはテレビも見られず廊下のソファに座って待っていたようです。

早めに陣痛促進剤を使うか聞かれましたが、助産師さんが「お昼まで様子見てみる?」と言うので、お昼まで待ってみることにしました。

《12:00》

昼食の時間。

相変わらず陣痛が進まず、痛みをこらえながら昼食を食べました。

この日のランチはラザニア。

好物だったので半分だけ食べて、半分はとーちゃんに食べてもらいました。

そういえば1人目の時は、この時点で痛くて吐いてしまいお昼どころではなかったっけ・・・。

痛みの種類も違うし、少しラクなのかも。

《13:30》

陣痛5分おき。子宮口5cm。

あまり進みがよくないので、促進剤を使い始めることに。

いよいよこれから!というところで、とーちゃんが仕事へ。

この日はどうしても外せないお客さんとのアポが入ってしまっていて、とーちゃんは午後から仕事だったんです。

2人目だし「帰ってくるまでに産んどくよ~」って感じで送り出しました。

私は隣にいてもらうよりも、1人で耐え抜く方が気がラクなので・・・。

こういう時は、痛みを知らないダンナさんよりも、助産師さんにそばにいて欲しいのです。

《14:00》

陣痛2~3分。子宮口6cm。

促進剤が効いてきて、痛みが強くなってきました。

ずっと横になっていましたが、横になっているより起き上がっているほうが痛を逃せる気がしていろいろな体勢を試してみました。

そして一番ラクだったのが、ベッドの下に膝をついて、上半身はベッドに伏せて耐える体勢。

分娩までその体勢で乗り切りました。

助産師さんいわく「その体勢が一番赤ちゃんが降りてきやすいんですよ」とのこと。

《14:30》

隣に別の妊婦さんがいたのでずっと我慢していましたが、もう我慢できなくなってうめき声を出しながら耐えていました。

この時の痛みを例えるなら、ふくらはぎがつると息を止めたくなるくらい痛いですよね。

あれが下腹の中でおきている感じ。

しかも1分置きに・・・。

そして、お尻からなんか出ちゃいそうな感覚。

これが「いきみたい」感覚なんですよね。

1人目の時はそれを感じることなく分娩室に移動して、そこから促進剤だったので。

「なんかでちゃいそう~」と言いながら、助産師さんにお尻をおさえてもらって陣痛に耐えていると、何か生暖かいものが出ました・・・。

「あ、破水したね。分娩室行きましょう。」

移動したいけど、陣痛が来ると痛くて動けないので、合間の1分間で今だ!って感じで急いで移動しました。

《14:50》

分娩室へ移動。

分娩室では助産師さんが数人待ち構えていました。

その手際の良さったら、感心します。

このチームワークはとーちゃんに見せてあげたい!と思いましたが、分娩中の姿を見たら絶対「ひく」と思ったので、立ち合いは元々希望していませんでした。

処置がすべて終わったところで、院長先生登場。

「さあ、頑張りましょう!」と声を掛けてもらって、すごく安心しました。

先生の号令で、まず1回いきんで、赤ちゃんのコンディションが整うまでいきみ逃しを2~3回繰り返し、次にいきむと赤ちゃんがズルッと出てきたみたいです。

「はい、赤ちゃん出てきましたよ~」と言われて、「えっ?!もうっ??」と思いました。

まだこれからだと思っていたのに、案外あっさり出てきて拍子抜け。

分娩室に入ってからは15分くらいで生まれたようです。

その後、いろいろな処置を受け、看護婦さんに体を拭いてもらったりしてパジャマに着替え、分娩台の上で休みました。

看護婦さんにカバンからケータイを出してもらって、分娩台の上でとーちゃんや実家へメールしてました。

《17:00》

入院室へ移動。

部屋にはすでに夕食が用意されていました。

比較的元気だったので、すぐにご飯を食べました。

しばらくすると、仕事が終わったとーちゃんとゆまるとバーバが面会に来てくれました。

 

大仕事が終わって本当にほっとしましたが、看護婦さんが「出産当日は疲れているけれど、興奮していてなかなか眠れない人が多いから、眠剤だしますね」と言って薬をくれました。

実際、全然眠くならなくて薬を飲んでも夜中まで眠れませんでした。

 

1人目も2人目も夜中の2時に痛くなり始めて、12時間近く陣痛に耐えて分娩室ではあっという間に生まれるという、ほとんど同じ流れでした。

ただ、2人目の方がすべての面でラクだった気がします。

といっても、痛いものは痛かったですけどね!

そして、毎回直後は「もう、いい!」と思うんですが、赤ちゃんを見るとそれを忘れてしまうんですよね。

不思議なことに女の人はそういう風にできているんだな~と思います。

| | コメント (4)

2012年3月16日 (金)

はじめまして!

我が家の新しい家族をご紹介します。

1203031

2月29日 午後2:58誕生。 身長49cm 体重2,708g の男の子。

名前は「慶」(けい)です。

名前を決めたのはとーちゃん。

実は28年前から決めていたそうです。

というのも、とーちゃんには10歳離れた弟がいて、名前を決める時2つの候補から兄妹3人の多数決で決めたそう。

とーちゃんは「慶」に1票入れたそうですが多数決で負けて、自分の子で男の子が生まれたら「慶」にしたいと思っていたようです。

「慶」という漢字には、

よろこび、明るく力強い、めでたい

という意味があります。

みんなのよろこびとなり、明るく力強い男の子に成長してくれたら・・・と思います。

 

予定日より4日超過での出産でしたが、小さ目ちゃんでした。

ご対面後の第一印象は「ちっちゃ~い」

ゆまるは顔が大きくてムチムチしていましたが、弟くんは小さくてしわしわでまるでETみたい・・・。

ゆまるは最初からミルクをぐびぐび飲んでいましたが、弟くんは吸う力が弱くてなかなか飲み終わらず、毎回授乳室に最後まで残っていました。

一度ミルクを飲んでいたら唇が紫になってしまい、看護師さんに「息するの忘れちゃってるから、休んであげて」と言われましたsweat02

家に帰ってきてからも、手足が紫色になることが多く心配で産婦人科に電話したら、「小児科で診てもらってください」と言われ、ますます心配に。

ネットで調べたら「心臓に疾患がある場合も・・・」と書いてあり不安になりました。

バーバに相談したら、寒さによるものだろうということで、1枚多く着せて毛布も1枚多くしたら少し良くなりました。

ゆまるよりも2まわりくらい細くて、ミルクの飲みもあまりよくないのでいろいろ心配続きですが、1ヶ月もすれば安定してくると思っています。

ゆまるもそうでしたが、慶も泣くのはお腹が空いた時だけでミルクを飲んだらすぐ寝てしまう手の掛からない子です。

静かすぎて心配なくらい・・・。

数ヶ月もしたら夜泣きもするようになってくるかとは思いますが、今のところラクさせてもらっています。

| | コメント (8)

2012年3月 2日 (金)

生まれました!

生まれました!
携帯からの更新です。
2月29日午後2時58分2708gの男の子を無事出産しました!
まずはご報告まで。
退院して落ち着いたら、また詳細をご報告しますね。

今夜から母子同室。寝不足の日々が始まります。

| | コメント (13)

2012年2月28日 (火)

40w3d

予定日超過3日目です。

お腹は張りやすいですが、いつも通りの生活をしています。

 

昨日は検診日だったんですが、内診の結果、子宮口もしっかりと閉じているとのこと。

予定日超過後の検診で、入院の日取りを決めましょうというお話だったので、「入院して誘発分娩」ということになりました。

最初の話だと、早くて来週の水曜日の3月7日と言われましたが、さすがにそこまでには陣痛が来そうだし、このそわそわ感をあと1週間以上続けるのは嫌だったので、もう少し早くできないか聞いてみました。

すると、明後日(2/29)か明々後日(3/1)ならOKとのこと。

2/29は4年に1度しか誕生日が来ない特殊な日だし、とーちゃんは夕方からお仕事の予定あり。

3/1は木曜日なので、先生の休診日で会ったこともない先生が担当。

とーちゃんと相談した結果、珍しい誕生日でも覚えてもらいやすくていいんじゃないかということで、2/29入院の予約を取りました。

これで、いつどこで陣痛が来てバタバタと病院へ向かうという心配もなく、とーちゃんとバーバの予定も事前にたてられるのでちょっと安心しました。

 

明日は8:30に病院へ行き、まず子宮口を広げるためにバルーンという器具を入れるそうです。

その後様子を見て、促進剤を点滴するらしいです。

先生は、「突然、強い痛みが来るのでつらいかもしれませんが」と言っていました。

でも、ゆまるの時には夜中の2時から次の日の午後4時までずーっと陣痛とお付き合いしたので、短い時間で済むならその方がいいかもしれません。

誘発分娩にしても個人差があり、場合によっては翌日までかかることもあるそうですが・・・。

出来れば夕方くらいまでには決着をつけたいな~。

とにかく、明日か明後日には赤ちゃんとご対面です。

出産の痛みは怖いですが、無事済むことを祈ってガンバリマス!!

| | コメント (9)

2012年2月20日 (月)

39w2d

今日は妊婦検診でした。

いよいよ最終週。

検診の結果、赤ちゃんもまだ下がっていないし子宮口もしっかり閉じているとのこと。

自然に陣痛が来なければ、また来週検診を受けて入院の日取りを決めることになりました。

ゆまるの時もそんな感じで、1週間後の検診の前までに予定日3日遅れで陣痛が来たんですよね。

今回も同じなら今月中には生まれてくるかなぁ。

 

出産を間近に控え、忘れていたはずの出産の痛みと恐怖を思い出し始めました。

やっぱり痛いのは嫌です・・・。

できるだけ安産で、痛くなく済んでくれることを祈ります。

 

大きなお腹とのお付き合いもあと少しと思い、記念撮影しました。

1202204

1202206

大きくなりました。

でも、産婦人科の待合室にはもっと大きい人がたくさんいます。

まだ小さい方かも。

| | コメント (6)

2012年2月17日 (金)

あと1週間

あと1週間で出産予定日です。

先日の検診では、まだ赤ちゃんも下がってきていないし子宮口もしっかりと閉じているとのこと。

2人目だし結構動いているので早く生まれるんじゃないかとそわそわしていましたが、もしかしたら今回もゆまると同じようにのんびりさんかも?

とーちゃんも入院時にはお仕事を休む予定なので、なかなか予定が組めないでいるみたいだし・・・。

ここまできたら早めに出てきてもいいんだけどなぁ。

 

実は先日、朝幼稚園に送っていく時に手をつないで歩いていたら、ゆまるがいきなりつまづいて私の前に倒れこみ、それをよけようとしてかーちゃんも転びましたsweat01

幸いお腹の方はなんともなくてよかったんですが、転んだ翌日からどうも体の筋を伸ばしてしまったらしく左の背中から肩、首、腕あちこちが痛みはじめました。

しばらく湿布を貼っていたらよくなりましたが、それが治ってきたと思ったら今度は何もしていないのに腰が痛くなり・・・。

お腹が大きくなって、体のバランスが崩れているんでしょうねsweat02

出産の時は万全の態勢で臨みたいものです・・・。

少し歩くとすぐお腹も張るので、最近は幼稚園の送り迎えをバーバが手伝ってくれています。

 

そして昨日は、初めて「ネットスーパー」を使ってみました。

ゆまるの時は生協に加入していたので今回もまた再加入したんですが、あれって注文からお届けまでに1週間のブランクがありますよね。

なので、欲しいと思った時に手に入らなくて、結局とーちゃんに買ってきてもらったりして・・・。

ネットスーパーって都会でしかやっていないものかと思ったら、近所のママさんも使っているという話を聞いて、我が家も宅配可能地域だということを最近知りました。

早速登録して、昨日初めて注文してみたんですが、すごく便利!!

パソコン上で欲しいものを買い物かごへ入れて、合計金額はすぐ確認できるし、欲しいと思った日の朝に注文すれば、午後には届くという便利さ!

4,000円以上の買い物で宅配料はかからないし、商品と引き換えで現金払いできるし、ペーパードライバーの私はもっと早く使えばよかったと思いました。

本当、便利な時代になったものです・・・。

って、気づくの遅すぎ?!

産前産後はコレにお世話になろうと思います。

| | コメント (3)

2012年1月30日 (月)

臨月

現在妊娠36週2日。

ちなみに出産予定日は2月25日です。

とうとう臨月に入りました!

先日、検診に行った時の赤ちゃんの推定体重は、2,322g。

同時期のゆまるの体重よりも小さ目です。

先生曰く、女の子の方が大きくなりやすいみたい。

 

1人目の時は時間もあったし初めてのことでいろいろ心配だったのでそわそわしていたけど、2人目になると気づけば臨月・・・という感じで。

ここまであっという間でした。

お腹の様子はというと、胸の下まで出っ張ってきて本人的にはパンパンと言う感じですが、周りの人から見ると「あまり目立たないね」とよく言われます。

最近よくお腹の形が変わるくらいぐにゅーっと出っ張って、

「もう一つの生命体がこの中にいる!」と実感することが多いです。

 

出産準備ですが、一人目の時は早々に買い揃えましたが、2人目はだいたい揃っているのでのんびり構えています。

最近になって、ゆまるの使っていた下着やスウィングチェア、抱っこひも等を引っぱり出し、男の子用のベビー服を少しと、哺乳瓶のセットも買い足しました。

 

そして、ゆまるの時にもつけていた「育児日記」もネットで購入。

Photo

コチラで購入→「携帯グッズの専門店ストラップヤ」

 

ゆまるの時に使っていたのは、たまひよの3冊組で妊娠中から産後1年間つけていました。

女の子は将来見せてあげたら喜ぶかなと思いますが、男の子は多分興味ないでしょうね。

でも、授乳やおしっこうんちの管理ができるし、自分自身の記念にもなるので、今回も日記をつけてみたいと思います。

あと1ヶ月、体調に気を付けて、ひとりっこ時代最後のゆまると濃密な(?)時間を過ごしたいと思います。

| | コメント (5)

2011年10月25日 (火)

性別判明

ご無沙汰してました。

無事お引越しも済み、新居での生活がスタートしました。

最初は段ボールの山から物を探したり、とりあえず荷物を詰め込んだ納戸から服を発掘して来たりで、なかなか生活がスムーズではなかったのですが、このお休みでだいぶ片付けが進んで暮らしやすくなりました。

しかしまだ、どのスイッチでどの照明がつくかなど体が覚えてなかったり、新しい電化製品やIHのクッキングヒーターを使いこなせてなくて取扱説明書を引っぱり出して来たりで、戸惑うことも多いです。

 

そんな中、早く片付けを済ませたくて少々頑張りすぎてしまったようです。

引越しの3日後、お腹が張ってしまい動くのもつらいくらいに・・・。

ちょうど妊婦健診の日が近かったので、産婦人科に行ってきました。

内診の結果、子宮口はしっかりと閉じていたので早産の危険はないそうです。

しばらく安静にしていれば、徐々によくなってくるとのこと。

幼稚園の送り迎えはバーバやとーちゃんにお願いして、しばらくおとなしくしていたらだいぶ良くなりました。

 

さて、お腹の赤ちゃんの性別ですが、男の子ということが判明しました!

実は、1ヶ月前の検診ではっきりと「男の子のシンボル」が映っていたので確信はしていたのですが、今回の検診でもう一度確認して「確定です」と言われました。

私は勝手に2人目も女の子の気がしていて、今度はどんなカワイイお洋服つくろうかなんて妄想していたんですが、男の子とわかってなんだか実感がわきません。

自分と同じ女の子ならだいたいのことはわかりますが、男の子って未知の生物・・・。

どんな育児になるのか楽しみのような、不安のような複雑な気分です。

とーちゃんはというと、「今は男の子には厳しい世の中だから、女の子のほうがいい」と言っていました。

でも、一緒に虫を採ったり、釣りに行ったり、キャッチボールしたりするには男の子の方がいいですよね。

男の子とわかったので、男の子用のお洋服作りも計画中です♪

 

| | コメント (5)