2016年1月23日 (土)

天然とらふぐを食べに行く旅

とーちゃんが「今までで一番おいしかった!」というお店に家族を連れて行きたいと言いだしました。

そのお店ではふぐを食べたそうで、かーちゃんが「ふぐはちゃんと食べたことがないし、イマイチ美味しさが分からない」と言ったら、ますます連れて行きたいということに。

そんな訳で、わざわざ愛知県半田市まで「ふぐを食べにいく旅」が計画されました。

 

とーちゃんのお休みに合わせて、子供たちも火水とお休みにしました。

初日は途中にある大きな公園で遊んでいくつもりでしたが、その日はものすごい強風で、外で遊ぶ気にはなれない寒さ。

とりあえず、まっすぐ宿に向かうことにしました。

早く着きすぎてしまい、ホテルにもチェックインできない時間だったので、周辺を調べたところ、すぐ近くに「ミツカンミュージアム」というミツカンの酢作りの歴史などを学ぶ体験型博物館があるそうなので、行ってみることにしました。

電話してみると見学には予約が必要で、係り員が案内をしてくれるらしく所要時間90分とのこと。

既にほとんどの時間が満席で、14:30からの回のみ空きがあったので予約してから向かいました。

到着して予約の時間には早かったので、付近を散策。

006_2


特に何がある訳でもなかったですが、黒板囲いの醸造蔵が建ち並び、なかなかの雰囲気。

008


「ミツカンミュージアム」は昨年の秋にできた新しい施設で、オシャレな建物でした。

完全予約制で、入場料は大人300円、小学生100円。

009_3


受付を済ませると、一人ずつに入館証が配られます。

yuiは予約の時間まで、スタンプや塗り絵をして楽しんでました。

定員は25名で、マイクを付けたお姉さんが、丁寧に施設の案内をしてくれます。

012_2

まずは、酢の歴史から。

昔の酢がどうやって作られていたのか展示されていました。

014kakou


酢を運んでいた道具の重さを体験。

 

015


昔の量りの使い方を体験。

 

016


半田の運河から、海を渡って江戸に酢を運んでいたそうです。

扉が開くと薄暗い空間にスモークがたかれて、大きな船がライトアップされていました。

この船に乗りこみ、江戸までの航海を映像で体験できます。

019


大スクリーンで嵐の映像が写されると、どこからか風が吹いてきました。

大きな音と風にビックリしたkeiは怖がって、かーちゃんにしがみついていました(笑)

 

021


見学が終わると、最後に子供が喜びそうなコーナー。

 

028

「なりきりすし屋」

白い粘土をシャリにみたてて、お寿司屋さんごっこができます。

 

030kakou


大人が立つと「す」の字になるんですが、yuiだけでは「可」になってしまったので、keiもお手伝いしました。

 

「味ぽんスタジオ」では、オリジナルラベルの「味ぽん」を作ることができます。

Photo

まず、ミニサイズの味ぽん自販機(200円)で味ぽんを購入し、プリクラのような機械で写真を撮ると、ラベルになるシールが出てきて、それを貼り付けて出来上がり。

バーバへのお土産にしました。

 

90分は長いかと思いましたが、なかなか楽しかったです。

keiも騒がずいい子に見学していましたよ。

 

さて、社会科見学の後は、ホテルにチェックイン。

今回の旅のメイン、フグ料理を食べにお店に向かいます。

041_2


「蔵の味」というお店。

 

034


まずは、渡り蟹の登場。

身は小さいですが美味しくて、keiも横から「かにちょーだい!かに!」と急かすので、必死で剥き続けました。

 

036


そして、てっさ~。

イメージはありましたが、ちゃんと食べるのは初めて。

とーちゃんはこだわって、天然のとらふぐを注文していました。

私はもったいなくてなかなか食べられなかったんですが、隣でkeiが握り箸でごっそり取り、ガツガツ食べるので焦りました。

 033kakou

 

038


お次は、ゴージャスなお造り。

 

047_2


地元のお酒、「半田郷」

 

039


続いて、てっちり。

 

040


フグと白子もたっぷり入ってます。

 

041


サワラと白子の焼き物。

 

042


ひれ酒。

初めて飲みましたが、私はちょっと苦手でした。

 

043


フグの焼き物。

 

044


知多牛の炭火焼き。

柔らかくておいしかった~。

 

045

〆はフグ鍋の雑炊。

 

046


デザートはぶどうのシャーベット。

普通のシャーベットより氷っぽくて、さっぱりしてました。

 

ふぐとカニと知多牛で、最高の贅沢をしました。

 

翌朝、目が覚めて窓の外を見ると・・・。

060


真っ白~!!

テレビをつけたら、「大雪警報」とか言ってるし・・・。

車はノーマルタイヤだし、これじゃ帰れないかも。

もう1泊?車置いて帰る?明日仕事だし!

いろいろ考えましたが、昼から晴れるという予報を信じて、11時のチェックアウトの時間まで待機することに。

9時頃、雪は小降りになり太陽が出てきて、道路の雪も解け始めました。

「これなら帰れるかも」とホッとしていたら、また降り始めた!

「今のうちに脱出したほうがいいかも」という判断で、急いで支度をしてホテルを出ました。

市街地は雪がほとんど解けて、なんとか雪のエリアを抜けられそうなので、名古屋名物の「あんけかパスタ」を食べて帰ることにしました。

名古屋の方にはあんかけパスタのチェーン店で「パスタ・デ・ココ」というお店があります。

カレーの「ココイチ」と同じ系列のようです。

048


普通のパスタとちょっと違って、太めの麺ととろみのあるソースが特徴。

 

064


keiもたくさん食べました。

 

静岡に入ると、さっきまでの雪がうそのようにカラッとしたお天気。

 

049


目の前に富士山が現れると、帰ってきた~とホッとしました。

静岡に来て10年、いつの間にか静岡県民になったてたんですね。

 

とーちゃんが言いだした「ふぐを食べるという目的だけの旅」なんて贅沢すぎて、最初は反対してたんですが、結果、おいしいものも食べられたし、何だかんだで楽しかったし、行って良かったです。

 

| | コメント (2)

2016年1月13日 (水)

バーバとキッザニア東京へ

昨年、子供会の旅行でキッザニア東京に行ったのがとても楽しかったyui。

その時に、「1月中、第2部限定大人無料券」をもらっていて、今度はバーバに一緒に行ってもらえないかお願いしてみたところOKだったので、大喜び♪

前回の経験も踏まえ、スケジュールもバッチリ決めていつでも行けるようスタンバイしてました。

バーバと日を決めて、いざ予約をしようと思ったら、無料券を使っての入場は、もういっぱいに・・・。

結局すっかり行く気になっていたyuiはあきらめることができず、正規の入場料(シニアなので1000円弱ですが)を払って、予定通り行くことになりました。

yuiはバーバとおでかけということもあって、数日前からウキウキ♪

前日は、なかなか眠れなかったようですが、朝は楽しみ過ぎてとっても早起きでした。

 

当日の様子を、バーバからもらったメールの写真と、yuiの話からレポートします。

 

第二部からの入場なので、出発はゆっくり。

お昼くらいに到着して、ショッピングを楽しんでからキッザニアに入場。

予定していた「おかし工場」「はんこ屋さん」「ボトリング工場」は、受付終了だったそうです。

やはり、土日は激混みのようですね・・・。

 

夕飯の時間に合わせて、ピザ屋さんでお仕事。

1601092kakou


自分で生地を伸ばしてトッピングしたピザを、バーバと2人で食べたそうです。 

 

次に、前回できなかった「お花屋さん」でフラワーアレンジメントのお仕事。

1601096

こちらはお土産に持って帰れます。

ケーキ型の土台にバラとはっぱを刺して、周りにリボンを飾ったそうです。

 

次に、予約してあった「運転免許試験場」に行って運転免許をとろうと思ったら、空き時間に持っているキッゾでお買い物をしてしまったらしく、試験用のお金が足りなかったそうです。

仕方なく、「出版社」に行って漫画家のお仕事でお金を稼ぎます。

1601093

漫画の描き方を教わり、ふきだしに自分で考えたセリフを書きこむ仕事でした。

 

次は、「運転免許試験場」へ。

講習の後、筆記試験を受け、運転免許をもらいました。

1601095


プラスチックでできた、本格的なものです。

yuiはこれが嬉しかったらしく、宝物にして枕元に置いて寝ています。

 

最後に、「キッザニアの森」へ。 

1601094


最後の方になると、ほとんどの仕事が受付終了となり、なかなか仕事がみつからなくなります。

このお仕事は、yuiに聞いてもよく分からなかったのですが、木のサイズを計ったりして調査する仕事だったようです。

 

いつもなら寝てしまっている9:00までキッザニアを満喫し、バーバと一緒に帰って、そのままお泊りでした。

実は、yui一人でお泊りするのは初めて。

もう8歳なので心配はしていませんでしたが、疲れていたのもあって、あっという間に寝てしまったようです。

 

yuiはすっかりキッザニアにはまってしまったようで、「次は誕生日に行きたい!!」と言っています。

 

さて、話は変わりますが、keiの話も少し。

幼稚園ではお正月のいろいろを教えてくれるようで、園長先生が手作りの獅子舞をかぶって園児の前に現れたようです。

園児たちの頭をかぷっと咬んで、「いいことがあるよ~」と言っていたようなんですが、keiは「ライオン~!!!!」と言って、恐くて泣いてしまったそうです。

教室の前にその時の写真が貼られているのを見ましたが、先生に抱えられて泣いている情けない姿が・・・。

同じクラスの女の子が冷静に「これ、紙で作ってあるんだよ」と言っていました(笑)

お帰りの時も立ち直れなかったようで、先生に抱っこされて出てきました。

帰り道も「獅子舞」の話をすると、また泣きそうでトラウマになってしまったようです。

次は節分の豆まきで鬼が来るんですが、大丈夫でしょうか・・・。

そして、その鬼が実はとーちゃんだという・・・。(平日休みなので、お父さんボランティアで鬼役やります)

 

また別の日、帰る途中側溝に死んでいるミミズを発見。

「かーちゃん、なんでしんじゃったのかな~?さむかったのかな~?」

「みみずさん、てぶくろしたらよかったんじゃない?」と言っていました。

みみずが手袋という発想に、かーちゃん爆笑。

みみずの手って??

しばらくkeiとその話題で盛り上がりました。

| | コメント (2)

2015年12月23日 (水)

御殿場でイルミネーション

新宿で働いている頃は、クリスマスになると街中でクリスマスの音楽が流れ華やかな飾り付けを目にして、クリスマスムードたっぷりでしたが、三島ではほとんどクリスマスを感じないままいつの間にか年末を迎えます。

とーちゃんが、子供たちにクリスマスの雰囲気を味あわせたいというので、近辺でクリスマスっぽい所を探しましたが、田舎なのでそんなにありません・・・。

しいて言えば、御殿場にある「時之栖」がイルミネーションをやっているので、行ってみることにしました。

現地で地ビールを飲むため、車では行かず三島駅からシャトルバスに乗って行きました。

早めに行って、敷地内を散歩。

射的をやっていたので、yuiが挑戦。

010_2


とーちゃんがちょっと手伝って、狙った景品をGET!

まだ、日が暮れていないので、先に早めの夕飯にしました。

「麦畑」というバイキングレストランへ。

平日限定のショートタイムサービスは、制限時間60分で、

大人2,160円、子供1,296円、幼児540円。

この値段で、地ビールも飲み放題なんです。

お酒が飲める人なら元取れるかも?

014


和食、洋食、中華、ステーキ、デザート、なんでもあります。

料理はよくある普通のバイキングです。

ビールは5種類あって、自動で注いでくれるサーバーから自分でとってきます。

夫婦で8杯くらい飲んだので、完全に元とってます!

 

015


我が家のエース、yui。

たくさん食べるなら任せてください。

016


こちらはおしゃべりばかりで、全然進んでいません・・・。

戦力外。

 

018


残り10分になると、デザートタイム。

yuiはこれがやりたかったそうです。

 

019


keiが大好きなチョコのアイスもありました。

 

あっという間にタイムアップ!

60分だとちょっと忙しないですが、十分食べられました。

 

お腹がいっぱいになって外に出たら、だいぶ暗くなってきたので、イルミネーションを見に行きました。

020

イルミネーションのトンネルです。

023

近隣の学校や企業が作ったイルミネーションも展示されてました。

026

034


keiはイマイチ興味なさそう。

 

041


都会のイルミネーションに比べたら、ちょっと田舎っぽいけど、この辺じゃかなり立派なイルミネーションです。

yuiは喜んでくれたみたいです。

| | コメント (3)

2015年12月 1日 (火)

キッザニア東京

昨日は、子供会の旅行でキッザニアに行ってきました。

土曜日に「カーニバル」があり、その振替休日で月曜がお休みだったので、平日に行くことができました。

 

キッザニア東京は、ららぽーと豊洲内にある、子供向けの職業体験型テーマパークです。

場内は約2/3のこどもサイズにつくられた街になっていて、約60パビリオンがあり、いろいろなユニフォームを着たり、本格的な道具を使ってお仕事体験できます。

お仕事をすれば「キッゾ」というお金をもらえて、お金を払えばサービスを受けたりできます。

「キッザニア」ってテレビや雑誌などで見聞きしたことはありましたが、実際にはどんなところかわからなかったので、ネットで下調べしてみました。

なんとなくルールは分かりましたが、実際に行ってみないとわかりませんね。

yuiに「何したい?」と聞いても、本人もよく分からないみたいで行ってから考えようということにしました。

 

キッザニアは、2部制で9:00~15:00、16:00~21:00の入れ替え制です。

9:00~の予約だったので、集合時間は6:00。

まだ真っ暗な中家を出て、観光バスに乗って出発です。

001


バスに乗っている間にうっすらと明るくなってきました。

途中、6年生がクイズを出してくれたり、ビンゴをしたりして、楽しいバス旅行♪

keiはこの行き帰りのバスの中が一番楽しかったと言っていました。

 

 

途中、少し渋滞に巻き込まれて、30分程遅れて到着。

団体さんは、バスを降りたところから係りのお姉さんが案内してくれて、場内の集合場所まで連れて行ってくれます。

帰りの集合時間までは、それぞれ自由行動です。

yuiは幼稚園の時からの仲良し3人組で回りました。

 

入場時に「JOBスケジュールカード」と「50キッゾ」(キッザニア内で使えるお金)が渡されます。

001_2


どこのパビリオンも所要時間が30分くらいで、ほとんどが予約しないと入れません。

まずは、人気のパビリオンに予約を入れて、その集合時間になるまでにできそうな、別の仕事をするという流れになります。

予約したお仕事が終わるまで、他の予約は入れられません。

 

 

まずは、人気の「ベーカリー」予約を入れると、11:20集合になりました。

その間に何か他のお仕事を探そうとしていたら、keiが「ねむくなっちゃった・・・」と言いだし、抱っこしたらスヤスヤ。

こうなると13kgの大荷物です・・・。

keiを抱っこしたまま場内を歩くのは大変なので、他のママたちにお願いして、keiを抱っこしたまましばらくベンチに座っていました。

「デザイナー」のお仕事がすぐに入れそうという連絡をもらい、「ファッションブティック」にkeiを担いで移動。

 

002


保護者はパビリオン内には入れないので、ガラス越しに見学。

中の声も聞こえません。

あとで聞いたら、ぬりえのようなデザイン画に色を付けて、それに合った生地やボタンのサンプルを選んで貼り付ける作業だったようです。

028


高学年になると柄などもデザインしていたようですが、yuiはまだ「ぬりえ」です。

yuiはこの「デザイナー」が一番やりたかったようなので、体験できてよかったです。

 

 

「ベーカリー」のお仕事までまだ時間があるので、待ち時間の少ない「デパート販売員」に挑戦。

007


シャツとブレザーを着て、「いらっしゃいませ」などの挨拶から教わります。

そのあと、箱に商品を詰めてギフトセットを作る体験へ。

009


3人で相談しながら、商品を選びます。

できあがったら、ギフトセットの紹介を書いて、ショーウィンドーに飾ります。

010


 

販売員の体験をしている間に、keiがお目覚め。

やっと荷物から解放されました・・・。

 

 

予約していた集合時間になったので、「べーカリー」へ。

013


髪の毛が落ちないようにきちんとネットでカバーしてから、パン屋さんのユニフォームを着ます。

016_2


パンの生地が配られて、クロワッサンとねじったデニッシュの成形を体験。

焼きあがるまで待つ時間はないので、自分の作ったものではないですが、出来上がったパンを3つお土産にもらえます。

これがすごく美味しかったです。

 

パン屋さんの体験を見学していたら、隣のビルから煙が!

消防車がやってきました。

012


ビルが炎に包まれたら、小さな消防士たちが消火してくれました。

017_1

 

 

パン屋さんが終わったら、お昼の前に午後のお仕事の予約へ。

「ソフトクリームショップ」は1時間後の予約になったので、その間にお昼を買って食べました。

 

「ソフトクリームショップ」もきちんとネットをかぶり、ユニフォームを着て、手を洗いアルコールで消毒をしてから始めます。

018

 

019


始めてのソフトクリーム絞り。

020


なかなか上手にできました。

トッピングをしたら、自分で食べられます。

022


かーちゃんとkeiの3人で仲良くいただきました。

 

 

持っている「キッゾ」を使ってお買い物もできるので、デパートに行き女子3人お買いものタイム。

最初にもらった50キッゾと稼いだ5キッゾくらいしかないので、鈴や消しゴムくらいしか選べないようです。

 

024

無料で入場したkeiはお仕事体験できないので、待っているばかりでヒマそうです。

ずっと「も~帰りたい!!つまんない!!もう帰る?」と言っていました。

 

午後になってくると、だんだんとお仕事の予約受け付けも終了してきます。

人気のパビリオンはお昼くらいで受け付け終了してしまい、だんだんと選択肢が減ってきました。

ピザ屋さんは人気のようで、お昼過ぎに見に行ったら150分待ち。

帰りの集合時間に間に合わなくなるので諦めました。

 

最後に、「画材屋さん」の予約が取れたので、それまでお土産物やさんを見て時間をつぶしました。

 

025


「画材屋さん」では自分でスケッチブックを作ります。

表紙にヒモをつけて、画用紙を揃えて、リングを取り付ける作業。

026


ひとつずつ丁寧に教えてもらい、スケッチブックができました。

029


5つのパビリオンを体験し、あっという間に帰りの集合時間。

バスに乗って帰りました。

 

行ってみると、いろいろわかることがありました。

やはり行く前に、ある程度目星をつけておかないと、どこへ行っていいか迷ってしまうし、時間を有効活用できません。

人気があるパビリオンも頭に入れておくと、優先できていいかも。

あとになって「こんなお仕事もあったんだね~」と気づくころには受付が終わっていたり、食べ物系は時間を選ばないと、お腹がすいていなかったり。

年齢や身長制限があるパビリオンもあるので、確認が必要。

行きそびれてしまいましたが、銀行で口座を作ればお財布がもらえたみたいです。

稼いだお金やカードなどを入れるのに、このお財布があれば便利だったな~と後から気づきました。

 

あと一緒に回るのは趣味の合う子の方がいいです。

yuiたちは女の子っぽいおとなし目のものばかりでしたが、他のグループは新聞社、警察官、パレードのダンサーなど、全然違うものを体験したようです。

私が子供だったら、お医者さんになって手術したり、モデルになってファッションショーに出たり、現実の世界では絶対できないような体験したいなぁと思います。

今の子はいろんな体験ができて羨ましいですね~。

| | コメント (2)

2015年11月25日 (水)

いずはこねふれあいフェスタ

この間の祝日は、家族で「いずはこねふれあいフェスタ」に行ってきました。

伊豆箱根鉄道の本社構内で、ミニ電車、バス・電車の洗車体験、電車 運転室の試乗体験、鉄道グッズ 販売などがあり、電車好きにはもちろん、そうでなくてもたくさんの食べ物のお店が出るので、毎年人気のお祭りのようです。

 

会場は伊豆箱根鉄道の大場駅からすぐのところなので、三島駅から電車に乗って行きました。

003


電車に乗るだけで、kei大興奮♪

三島駅から4つめの駅、10分ちょっとで到着。

 

会場に着いてみると、思った以上の人出でにぎわっていました。

まずは、信号機の形のストラックアウトに挑戦。

004_2


1回100円で、成績によって景品がもらえます。

電車の写真がついたキーホルダーや、電車の形の消しゴムや鉛筆をもらいました。

 

フードコーナーにはいろんな食べ物が売っていて、近辺のお店の人や伊豆箱根鉄道の社員さんがやっているので、比較的リーズナブルなお店が多かったです。

軽くたこやきをつまんでから、電車の洗車体験へ。

 

005_2

3両編成の電車に乗り込むと、電車が動き出します。

009_3kakou


ゲート状のところにグルグル回るブラシと水が吹きかけられ、電車を洗ってくれます。

ゲートの中を通るのは一瞬。

結構地味な体験です・・・。

 

次は、ミニブタレースに参加。

011_2


無料で参加できて、もらった紙に1等の予想を書き、当たるとうまい棒がもらえます。

4頭いたので、それぞれ一匹ずつ記入しました。

012_2


障害物の中を走るこぶたちゃん。

013


何故かゴール前でみんなUターンし、だんご状態に。

結果、青バンダナのこぶたちゃんが1等になり、keiがうまい棒ゲット。

 

014


最後に、コロコロゲームに挑戦。

ボールを転がし、穴に入った点数により、景品がもらえます。

このゲームの景品が一番高価そうなものが揃っていたんですが、結局2人とも100円程度の景品をゲット。

 

お祭の後は、とーちゃんの希望で、会場から歩いて10分程の「天一ラーメン」へ。

徒歩で来ることはなかなかないので、ビールとモツ炒めを食べてご満悦でした。

みんなでラーメンを食べたら、また伊豆箱根鉄道に乗って、三島に帰りました。

 

keiは洗車体験、yuiはコロコロゲームが楽しかったそうです。

| | コメント (2)

2015年10月16日 (金)

富士山こどもの国

この間の祝日は、家族で富士山こどもの国に行ってきました。

前日までの雨は富士山では雪だったようで、初冠雪後の富士山は粉砂糖をかぶったみたい。

毎年、富士山に雪が積もると冬が近づいてきているなと思います。

014

 

こんなに綺麗に富士山が見えるなんて、絶好の「富士山こどもの国日和」

 

まずは、すすきの迷路に挑戦。

013

yui隊長についていきます。

 

015


すすきが綺麗でした。

 

016kakou


続いて、みずのくにへ。

 

018


園内のどこからでも富士山が見えます。

 

020


わんぱくの森に到着。

 

022


アスレチックで遊びました。

そろそろお腹がすいてきたので、お弁当タイム。

敷地が広いので、少し脇道に入ると誰もいません。

024kakou

 

025kakou


いつもは小食のkeiですが、たくさん歩いてお腹がすいたのか、たくさん食べました。

 

次は、まきばへ。

028


2人とも動物大好きです。

 

031


最初はアルパカにビビっていたkeiですが、上手にエサをあげられるようになりました。

 

草原の広場で遊びました。

032


走り回って無駄に体力を消費するkei。

035


 

042


草原の家で、竹細工体験をしました。

 

yuiはうぐいす笛、keiはブンブン蝉にしました。

049


ぶんぶん蝉は棒を持ってぶんぶん振り回すと蝉の鳴き声のような音がします。

yuiは毎日「ほーほけきょ」の練習をしています。 

 

044


くもの巣ネットに到着。

keiは小さい子用のネットで楽しんでました。

ちなみに同じ所で撮った、2年前のkei。

025

 

さらに、その1年前は・・・

016


まだ赤ちゃんだった!

大きくなりました。

 

途中、「疲れちゃった~」と言いながらも、広い園内を自分の足で歩き切ったkei。

随分、お兄ちゃんになったな~。

 

048


帰りはまた夢の国へ。

また、眠くなる何かが出ていたようです(笑)

 

| | コメント (2)

2015年10月 8日 (木)

ズーラシア

珍しく土曜日にとーちゃんのお仕事が入らなかったので急遽お休みをもらい、家族でズーラシアに行ってきました。

前から気になっていたズーラシア。

前回、GWに埼玉行った帰りに寄ってみたら、入口のずっと手前からものすごい渋滞で1回あきらめていたので、今回はそのリベンジです。

ネットで混雑状況を調べてみたら、この時期は遠足のお客さんも多く土日は混雑必至とのこと。

気合を入れて開園前に着くよう、7時半に出発することにしました。

簡単なお弁当も作るので、かーちゃんは4時半起きです。

 

当日は支度もスムーズに進み、予定通り7時半出発!

高速道路もスムーズで、予定通り8時半くらいにはズーラシア付近まで行けました。

ここからが問題だよね・・・と言っていたら、予想外に駐車場までスイスイ。

開園45分前で、駐車場はガラガラ。

余裕で入口一番近くの駐車場に停められました。

832


チケット売り場もまだ閉まってました。

とーちゃんに「気合入れすぎ!誰だ?大渋滞してるって言ったの!」と言われてしまいました。

でも、気合入れすぎたお陰で一番いい所に車停められたし、10番目くらいに入園できて空いてたし良かった良かった。

836


虫を採ったり、記念撮影したりして、開園を待ちます。

 

9時半になり、待ちに待った入園です。

011_9kakou

入口で記念写真を撮ってもらいました。

テーマパークでよくある、勝手に印刷して1枚1,000円で売るやつです。

個人のカメラも1台まで撮影OKだったので、スマホでも撮ってもらいました。

837

まずは、ぞうさんから。

842

上から見たペンギン。

 

846

下からも泳いでいるところが見られます。

 

848

シロクマは、日本平動物園のロッシーの方が迫力あっておもしろいかな。

 

849


園内には何ヶ所かカフェやレストランもありますが、ベンチやテーブル、芝生の広場も多いので、お弁当を持って行っても楽しいと思います。

うちは経費削減のためおにぎり持参です。

 

851kakou


園内はアジア、亜寒帯、オセアニア、中央アジア、日本、アマゾン、アフリカ、サバンナなどにエリア分けされていて、ベンチや休憩所などもそれっぽい雰囲気に仕上げてあります。

854


途中、子供たちが飽きないように、遊具の広場もあります。

 

019_9


近所の公園にはないような面白い遊具がたくさんあって、子供たちも大喜びでした。

 

この動物園の名物、オカピーの親子。

856

きりんとシマウマの間みたいな動物でした。

 

857


一番奥のサバンナエリアに到着。

ここまで結構距離があるので、ちょっとくたびれ気味。

keiが「つかれちゃった~、あつい~」って言い出した・・・。

859kakou


山羊とのふれあいコーナー。

 

865


また遊具。

こちらは小学生向きかな?

keiは怖がって下の方をうろちょろしてました。

 

子供たちが楽しみにしていた小動物とのふれあいコーナー。

モルモットとパンダマウスがいて、好きな方を選びます。

027_8

おなじみのモルモット。

874

この小さいのがパンダマウス。

最初は「こいつは微妙・・・」と思ったけど、よく見たらカワイイ。

875


keiの小さな手に乗せても、こんなにちいさい。

035_7

こどもたちも「かわいいheart04」と言って喜んでました。

 

878


遊歩道を歩いて、入口方面に戻ります。

またまた遊具。

880


keiは全部は歩いて回れないだろうと思っていたけど、途中心が折れかけながらも自分の足で見て回ることができました。

ついこの間までバギーに乗っていたのに、いつの間にかお兄さんになりました。

毎日の徒歩登園も効いているかな。

 

午後3時頃までゆっくり楽しんで帰りました。

881


帰りの車では、また夢の世界へ。

keiの席だけ何か眠くなる薬が出てるんじゃないかと思うくらいすぐ寝ます(笑)

 

 

| | コメント (3)

2015年9月27日 (日)

東府やResort&Spa-Izu

シルバーウィーク最終日、中伊豆の吉奈温泉にある「東府やResort&Spa-Izu」に一泊してきました。

ブログで「とーちゃん、子犬を救う。」という記事にもしましたが、今年の5月に海に落ちた子犬を救ったお礼に、「おもてなしの宿のペア宿泊券カタログギフト」をいただいたので、それを使ってみました。

カタログギフトのシステムとしては、まず希望の宿を選んでリンベルに申し込みます。

チケットが届いたら、直接宿に電話しリンベルのチケットがある旨を伝え予約をします。

当日、チケットを持って宿に行くという流れ。

選ぶ宿によっていろいろと制約があり、夏休み中、祝日、休前日の宿泊はダメだったので、「休前日」ではないシルバーウィークの最終日に予約し、翌日の幼稚園と学校はお休みすることにしました。

交通費や日程の都合もあり、近場の「東府やResort&Spa-Izu」を選び、チケットが届いてから、宿に予約の電話をしました。

すると、「未就学児のお子さんがいる場合は、川沿いの半露天風呂付きでお願いしております」とのこと。

(他のお客さんへの迷惑も考え、部屋食ができる広めのお部屋という意図のようです。)

カタログではスタンダードなお部屋になっていたので、グレードアップされて一人当たり追加料金+7,000円。

さらに「ペア宿泊券」のためyuiの分は追加で支払わなくてはいけなくて、大人の70%ということで、結構なお値段に・・・。

なんやかんやで予定もしていない出費になってしまうので一度保留にしましたが、せっかくなので高級旅館に泊まってみることにしました。

宿までは片道1時間程。

11:00くらいには宿に着いてしまったので、車を停めチェックインだけ済ませました。

057


ロビーは和風の中にもモダンさがあり、女性ウケしそうなオシャレな感じ。

047_5


083

 

059

 

084

飾ってあるものも、なんかオシャレ。
 

082



荷物を預け、敷地内にあるベーカリーカフェにお昼を食べに行きました。

042


広い敷地内には、宿泊棟の他にベーカリーカフェ、芝生の広場、和風庭園、アールデコ調カフェ、山登り散策コースなどがあります。

055


宿泊者以外でも敷地内の施設は利用できるので、連休最終日だったこの日はベーカリーカフェも混んでました。

013


カフェの前には大きな水盤があり、カウンター席の下は足湯になっています。

この日は混んでいたので足湯の席は満席でしたが、足を浸けながらお食事したらのんびりできそう。

yuiとkeiは「わぁ~プールだ~」と言って喜んでましたが、入ることはできません。

010


パンは1個250円~350円とちょっとお高いですが、美味しかったです。

 

お昼を食べ終わったら、隣にある芝生の広場へ。

018


広場にはソファ席やベンチ、川沿いのテラス席がありのんびりくつろげます。

025


特に屋根つきのソファ席はオットマンもあり、寝そべってくつろげるので最高。

かーちゃんがソファでのんびりしている間、とーちゃんと子供たちは虫取りをしていました。

019


芝生の広場を走る、yui&kei。

029


しばらく遊んだら喉が渇いたので、「大正館」というカフェへ。

043


こちらのカフェでは、宿泊者は滞在中何度でもドリンクバー、ビールやワインなどのアルコールも提供してもらえます。

010_8


とーちゃんとかーちゃんはワインとスパークリングワイン。

子供たちは梅ジュース。

1回目だけお茶菓子のクッキーが出ます。

011_8kakou


カフェを出ても、まだ12:30くらい。

チェックインの15:00まではまだ時間があるので、敷地内の山登りコースへ行ってみることにしました。

045


往復1時間半ほどの散策コース。

かなり急な階段が続き、どんどん登って行ってしまうとーちゃんとyuiは見えなくなり、かーちゃんとkeiはのんびり登りました。

「疲れちゃった~」と言い出したkeiは、途中で下山。

山頂まで行ったとーちゃんとyuiも、往復1時間程で戻ってきました。

013_8

と―ちゃん曰く、「大人でも結構大変!」とのことでしたが、サンダル履きでとーちゃんのペースについて行ったyuiはさすが!

048

山登りで汗をかいたので、また喉を潤しに大正館へ(2回目)

 


やっと2時半になったので、お部屋の準備ができるまでロビーで待っていることにしました。

部屋にある浴衣以外に、色浴衣を選べるそうなので、好みの柄を選びました。

060

帯は兵児帯とつくり帯が選べます。

 

ロビー棟から渡り廊下を渡って、宿泊棟へ。

037_5


お部屋は川沿いの半露天風呂付き和室「河鹿」

026_7


玄関、広いです。

029_7_2


玄関の奥には12.5畳の和室。

こちらは食事と布団を敷いて寝る部屋。

その隣は7.5畳の和室で、テレビや冷蔵庫、コーヒーメーカーなどがありました。

025_7


洗面所も広く、奥には窓を開ければ半露天になるお風呂。

温泉が使われているので、ずっとお湯が流れ続けていました。

063


テーブルの上には、女将からのお手紙が。

yuiの誕生日が近かったので、お祝いのメッセージでした。

 

早速、浴衣に着替えて男女別の内風呂へ。

032_7kakou

かーちゃんはロビーで選んだ色浴衣、yuiとkeiにもかわいい浴衣が用意されてました。

内風呂から戻ると、今度はチェックイン時に予約していた貸切家族風呂の時間になったので、またお風呂へ。

044_5


貸切露天風呂は2つあり、大きい方の「子宝の湯」へ。

045_5


3~4人用の小さな岩風呂でしたが、家族で入るには十分な広さでした。

まだ明るかったので、浴衣で夕涼みへ。

051_5

 

大正館でサービスの生ビール♪

本日、3回目(笑)

048_5kakou




昼に遊んだ芝生の広場は、人が帰って静かな夕暮れ。

049_6kakou

帰り道、お食事処のテラスを抜けて行きました。


056_4

ロウソクの灯りが灯って、素敵な雰囲気。

子連れでなければこちらのテラスで、食後のデザートをいただくようです。
 

部屋に戻ると、お楽しみの夕食の時間。

059_4

今宵のお供は「八海山」


064

まずは、前菜とお椀。

 

060_4


お造り

 

067


伊勢海老ときのこのお鍋

 

073


焼き物、若鮎の塩焼き

 

071


yuiのお料理は、焼き物がハンバーグとエビフライになっただけで、ほとんど大人と同じ。

ところどころとーちゃんが手伝ってはいましたが、出てきたものはほとんど食べつくしました。

ほんと、よく食べる。

 

074


丸なすの伝法焼きと五穀米、お味噌汁。

 

078


最後に、水菓子。

 

ご飯が出てきた頃、「ねむくなっちゃった~」と言い出したkeiに、

「座布団並べてゴロンしてて」と言うと、自分で座布団を並べて寝てしまいました。

079


 

子供たちととーちゃんの寝かしつけをしたら、かーちゃんは1人で露天風呂へ。

子供と一緒にお風呂に入っても、ゆっくりは浸かれません。

誰も待たせることなく、邪魔されることなく入れるお風呂は格別。

マイナスイオンたっぷりの空気で深呼吸をして、心も体もリフレッシュしました~。

お部屋に帰って、どうでもいい深夜番組を見ながら普段できない夜更かしもしちゃいました。

 

翌朝、起きたらまずお部屋の半露天風呂でさっぱり。

そして、朝ご飯。

080

小さな器に、いろいろなおかずが入っているのもオシャレ。

 

070_4


keiもいつもよりモリモリたくさん食べてました。

 

072_4


食後のデザート。

 

チェックアウトは12:00なので、まだゆっくりできます。

朝食後はyuiと2人で、露天風呂へ。

露天風呂は深夜に男女入れ替えになるので、昨晩とは違うお風呂です。

これで、貸切露天風呂1つを除いて制覇しました。

 

11時くらいまでお部屋でゆっくりと過ごし、チェックアウトしました。

 

帰りは釣りをして帰る約束だったので、そのままいつもの釣り場へ。

メジマグロが釣れているという情報があったので、

「まぐろ釣るぞ~!」とノリノリのとーちゃん。

yuiととーちゃんが釣りをしている間、かーちゃんとkeiは車でお昼寝したり、DVDを見たり、お菓子を食べたりして時間をつぶしていました。

1443353013353kakou


結局この日は魚が回らず、ヒラソウダを1匹だけ持ち帰りました。

残念ながらまぐろのお刺身は食べられませんでしたが、カツオのお刺身も美味しかったです。

 

とーちゃんが子犬を救ったおかげで、家族みんなで高級旅館に泊まることができました。

やっぱり、和風旅館に温泉、おいしい懐石料理と日本酒、最高です!

また一つ、楽しい思い出が増えました。

 

| | コメント (4)

2015年8月19日 (水)

川遊び

とーちゃんの夏休み最終日。

どこへ行っても混んでいそうなので、お金もかからず涼しく遊べる穴場へ。

桃沢野外活動センターで川遊び。

いつもは直近の駐車場に停められますが、この日は団体のBBQ客がいたので満車。

仕方なく少し離れた公園に停め、散策路を歩いて行きました。

150816_133801


少し歩いたけれど、川沿いの山道は、結構気持ち良かったです。

とーちゃんとyuiは水着に着替えて水遊び。

水が顔にかかるのが嫌だと言っていたkeiは木陰でおやつを食べていましたが、結局川に入りたくなり服のまま川へ。

150816_145202

3人で小さなお魚を捕まえようとしています。

子供たちは夢中で探していましたが、よく見ると一番夢中になっていたのがとーちゃんでした(笑)

150816_145501


keiがカワトンボを捕まえました。

どうやら、一度とーちゃんが捕まえて逃がしたので弱って動きが鈍かったみたい。

150816_150801


川の水は綺麗で冷たく、気持ちよさそうでした。

 

毎年、夏にはこの川に何度も来ています。

家から30分くらいで来られるし、待っているかーちゃんも涼しいのでお勧めです。

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

沖縄旅行☆2015【最終日&お土産】

沖縄旅行最終日。

 

clock 6:50 国際通りで朝食

那覇のホテルでは朝食がついていなかったので、国際通りまで朝ご飯を求めてお散歩。

近くに24時間営業の「どん亭」という牛丼屋さんがあったので、行ってみました。

カレー&牛丼セット、沖縄そば&牛丼セットを注文して、子供たちは取り分けて食べましたが、量が多くて朝からお腹いっぱいです。

 

clock 8:00 ホテルをチェックアウトしてドライブへ

予定よりも早く支度が済んだので、レンタカーを返す前にドライブすることにしました。

ガイドブックで調べ、南部にあるニライ・カナイ橋をめざして出発!

片道1時間弱で、車で往復するだけしか時間がなかったので、途中、絶景ポイントで写真を撮ったらすぐ空港へ戻りました。

332


336


 

clock 10:30 レンタカーやさんで車を返す

返す時は簡単に車のチェックをして、待つことなくすぐに送迎バスに乗れました。

 

clock 10:50 空港内のお土産物やさんでお買いもの

最後に、自分たち用のお土産を買いました。

 

セキュリティチェックを受け、搭乗待合所へ。

341_3

もうすぐ沖縄ともお別れ。

345

 

clock 13:30 那覇空港出発

予定より少し遅れて離陸。

352

バイバイ!沖縄!!

 

帰りは窓際の席。

売店で買ったお弁当を食べながら帰りました。

離陸から30分くらいでkeiが寝てくれたので、かーちゃんもゆっくりできました。

 

clock 16:00 羽田到着

東京は雨が降っていて、沖縄とは10℃くらい気温が違いました。

涼しくて体はラクですが、やっぱり青い空が恋しいです。

翌日からみんな仕事や学校があるので、寄り道せずまっすぐ帰りました。

 

私たちが沖縄を去った後から天気は下り坂で、翌日は台風接近とのニュースを見て、また「驚異の晴れ男とーちゃん」の力が働いたと思いました。

ホント、いいタイミングで行けて良かった~。

 

さて、旅行から帰って数日後、森のガラス館で作ったグラスとトンボ玉が届きました。

003


かーちゃんの作ったグラス。

ちなみに、3種類から選べて、青いグラス(1,600円)と、この透明グラス+模様入り(2,300円)と、蓄光ガラスの青いグラス(2,700円)から選べます。

模様入りは、職人さんが溶けたガラスを細かい粒ガラスの上で転がして持ってきてくれるので、自分で作業はできません。

比較的歪みもなく上手にできたと思います。

 

008


yuiのトンボ玉。

作ったのは真中のトンボ玉で、ヒモとビーズは現地で選んでおいて家でペンダントに仕上げられるように同封してもらいました。

007


届いてからかーちゃんと一緒にペンダントにしました。

 

004_2


森のガラス館で購入したガラス製品。

持ち手付きグラスは、とーちゃんのビールグラスに。

大きなボウルはこれからの季節、サラダやそーめんなんかを入れると涼しげで使えます。

そばちょこグラスはお客様用グラスに。

 

006_2


左はyuiのキーホルダー。

星の砂が入っていて、ひとつ90円で売ってました。

yuiのお友達にお土産のお菓子を配るのに、このキーホルダーも一緒に渡しました。

お安いけど結構かわいいので、小さな女子のお土産にちょうどよいかも。

真中はyuiのストラップ。

森のガラス館で散々悩んで、記念にこれを買ってました。

右はかーちゃんのストラップ。

蓄光ガラスなので、暗い所で光ります。

カバンの中や枕元で光るので便利です。

 

002


空港で買った、我が家用お土産。

沖縄そばとタコライスの素は、昨年も買って美味しかったのでリピート。

子供たちが気に入った、スミイカの瓶詰も空港に売っていたので購入。

かーちゃんが大好きなちんすこうも。

 

今回の沖縄は子供たちも大きくなり、前回よりも満喫できた感じがします。

この調子で来年も行けたらいいな・・・。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧