2007年10月 1日 (月)

入院生活レポ

今回は入院生活レポです。

  

私は生まれてから今まで大きな病気もケガもなく、入院生活は初めてでした。

 

私の通っていた産婦人科は「食事が豪華でおいしい」と聞いていたので、入院生活をちょっと楽しみにしていたんです。

 

退院日を産後4日目か5日目で選べたのですが、5日目はダンナさんが出張だったので4日目に退院しました。

 

 

【産後1日目】

まだ母子同室ではないので赤ちゃんは新生児室。

午前中はベッドに横になりゆっくりと過ごす。

午後1時、ダンナさんとお義母さんが面会に来る。

ダンナさんは何度も新生児室へ。

「他の子よりも色が白くて、カワイイ!」といきなり親バカ全開(笑)

この日の朝食までは部屋食。

フレンチトーストおいしかった!

毎日、おやつも有り♪

917_5 917_6

夕食からは食事室で他のお母さん達と一緒。

私の入院前が出産ラッシュだったようで、7~8人程いた。

夜、後陣痛がひどくなる。

「痛い~」と唸るほど・・・。

眠れないのでお薬をもらうと1時間程で楽になりグッスリ眠れた。

 

 

【産後2日目】

1日のスケジュールはこんな感じ。

7:00  授乳

8:00  朝食

8:30  診察室で悪露交換、検温

10:00 授乳(その後指導等)

12:00 昼食

13:00 授乳

15:00 おやつ

16:00 授乳

17:00 夕食

19:00 授乳

21:00 消灯

22:00 授乳

1:00  授乳

4:00  授乳

 

午前中は新生児室に預かってもらい授乳室で授乳。

13:00の授乳後、部屋へ連れて行く。

食事の前にはまた新生児室へ預け、19:00からは部屋で授乳。

授乳には1時間ほどかかってしまうし、お世話の指導が入ると部屋でゆっくりする時間はほとんどなかった。

この日赤ちゃんのお世話についていろいろ教えてもらった。

9:00 退院後の生活について説明を受ける。

10:00 授乳指導。

赤ちゃんに初めておっぱいをあげた。

おっぱいをあげるってどんな感覚なんだろう?とドキドキ。

口に含ませると、一生懸命に吸い付いた。

なんだかとっても幸せな気持ち。

はじめに赤ちゃんの体重を量って、おっぱいを吸わせる。

授乳後、もう1度体重を量って授乳量を確認する。

1gも増えていなかったので、おっぱいは出ていなかったみたい。

30mlのミルクを作ってあげた。

ここから、3時間おきの規則正しい授乳が始まる。

16:00の授乳後から母子同室になる。

ベッドごとお部屋へ連れて行く。

初めて2人きりになった。が、どうしていいか分からず、ずっと眺めていた・・・。

22:00の授乳後、グズり始める。

全然寝てくれず、抱っこしてもバタバタしている。

明け方までそんな感じで眠さがピークになり、抱っこしたまま横になったら静かになった。

気付いたら朝だった・・・。

 

 

【産後3日目】

9:00  沐浴指導

うちの子がモデルになってみんなの前で看護師さんがお手本を見せてくれた。

貧血検査でひっかかりお薬が出てしまった。

この日もおっぱいは出なかった。

搾乳してもポタポタ数滴でるだけ。

このままだとおっぱいが張って乳腺炎になってしまうので、数時間おきにマッサージをするように言われる。

夕食は退院日前日のため特別料理!

お部屋でゆっくり頂いた。

919

メニューは、食前酒、ステーキ、手長海老とホタテとムール貝、ポタージュスープ、サラダ、パン、チョコレートケーキ。

面会に来ていたダンナさんに食べさせたら、すごく誉めていた。

味にうるさいダンナさんが「そこら辺のレストランよりおいしいよ!」と言っていた。

 

 

【産後4日目】

朝の診察で「経過良好」とのこと。

14:00 実家の母とお義母さんが迎えにきてくれた。

タクシーで帰宅。

病院では寝ていても起こして3時間おきに授乳するように言われていたが、

母に聞くと「かわいそうだから、お腹がすいて起きたらあげればいいよ」とのこと。

回数が減る分、1回の分量を増やしてあげた。

グズって私が抱っこしても泣き止まないのに、母が抱っこするとおとなしくなった。

母は「久しぶりで忘れちゃったよ」と言っていたが、やっぱり育児の大先輩は頼りになる。

4時間置きに起きるので、夜中も1回起きるだけ。

思ったよりちゃんと眠れた。

 

                               ≪完≫

 

 

5日間の入院生活は結構忙しく、あっという間でした。

 

個室はビジネスホテル並みに清潔で快適だし、エアコンはつけっぱなしでも電気代気にならないし、何よりご飯がおいしかった~。

 

退院の日はちょっとさみしいくらいで、もう少し居たかったな・・・なんて。

 

ちなみに、入院費は40万円ほど。

 

他の病院を知らないので高いのか安いのか分からないけれど、

 

多少高くても、大部屋より個室の方が絶対にいい!

 

体がキツくて周りを気にする余裕が無いし、トイレも部屋についていたからすぐ行けてラクだし。

 

2人目ができても、ここで産もうと思います。

にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (2)

2007年9月28日 (金)

出産レポ

退院から1週間が経ちました。

 

退院後は実家の母に自宅に来てもらい、家事・育児のお手伝いをしてもらいました。

 

結衣はミルクをたくさん飲んでたくさん寝るので、夜中も1度起きるだけで思っていたよりもラク!

 

私の体調もよく、産後も普段どおりの生活を送っています。

 

出産直後は「この痛み、もう二度と味わいたくない!!」と思いましたが、あれから2週間。

 

既に忘れかけています・・・。

 

というわけで、記憶に残っているうちに「出産レポ」を公開!

 

「これから出産」という方の参考になれば・・・と思います。

 

 

9月16日(日)≪出産予定日より3日超過≫

【0:00】  

うんちをしたいような腹痛で目が覚め、何度かトイレへ。

【2:00】  

生理痛のような痛みが定期的になる。もしかして陣痛?!

携帯で計ってみると15分~10分間隔。

まだ一定間隔ではないので、うとうとしながら2時間計り続けていると、いよいよ10分おきに。

【4:30】  

ダンナさんを起こし、「お腹が痛くなった」と告げる。

ダンナさんはパッと目を覚まし、すごい速さで支度を始める。

なんだかそわそわしている。

まだ生理痛ほどの痛みなので、落ち着いて病院へTEL。

「入院の用意をしてきてください」とのこと。

「シャワーを浴びて行ってもいいですか?」と聞くと、

「初産婦さんので、できるだけ早く来て下さい。ササッとならいいですよ」

軽くシャワーを浴びてから、病院へ向う。

【5:00】

病院へ着くと、空は明るくなり始めていた。

看護師さんの指示に従い、病院で用意されたネグリジェに着替え陣痛室へ。

内診すると子宮口は指1本分しか開いてないとのこと。

点滴をして入院室で待機。

【6:00~8:00】

入院室で陣痛の間隔を計る。

間隔は5~10分。まだ余裕でダンナさんとおしゃべり。

【8:00】

朝食が運ばれてくる。お腹がすいていたのでほぼ完食!おいしかった。

【8:30】

看護師さんに呼ばれ、再び陣痛室へ。院長先生登場。

子宮口が開いていなければ帰宅との事。

内診の結果、子宮口は3cm。

このままお産になり、明るいうちに生まれますよ!と言われる。

【9:00】

しばらく5分間隔、40秒の陣痛が続く。

痛みが強くなってきて、さっき食べた朝食を吐いてしまう・・・。

いよいよ余裕がなくなってきて、ダンナさんと会話ができなくなってきた。

【10:00】

ダンナさんのお母さんと妹さんが到着。お義母さんにお産のアドバイスをしてもらう。

【12:00】

昼食が運ばれてくる。

とても食べられないのでダンナさんに食べてもらう。

【13:00】

内診で子宮口が4cm開大に。

どんどん痛みが強くなってくる。

看護師さんに「ヒッヒッフー」をやるように言われる。

最初はちょっと恥ずかしい。思っていたよりも早いテンポだった。

【14:00】

内診で子宮口が5cm開大に。

3分間隔、40秒の陣痛が続く。

陣痛が来るたびに「ヒッヒッフー」の繰り返し。

喉がカラカラに渇く。

繰り返すうちにコツをつかんだ!

吸うときは意識的にたくさん吸い込んで、吐くときはお腹に力を入れリズムを刻む感じ。

息継ぎが大変なくらい速いテンポで。

意識してやらないと、ただヒッヒッフーと声が出ているだけになる。

1時間おきの内診を目標に痛みに耐える・・・。

【15:00】

ベッドからイスに移り、赤ちゃんが降りやすい体勢になる。

もうじっとしてられない!

触れて欲しくもないので、ダンナさんにはひたすら陣痛の間隔を計ってもらう。

【15:50】

陣痛開始より12時間経過。

子宮口が5cm開大よりなかなか進まない。

母子共に疲れてしまうので、分娩室に移り陣痛誘発剤を使うことに。

【16:00】

分娩台に乗り、足にカバーをつけられ剃毛、導尿の処置。

点滴で誘発剤を入れると、一気に陣痛の間隔が狭まる。

2~3分おきのかなり強い陣痛。

ヒッヒッフーといきみの繰り返し。

両足を看護師さんに持ち上げられ押さえられて

「大きく吐いて~、吸って~、いきむ!!」

おしりの穴を天井に向けて、ウンチをする感じ。

4~5回いきむと子宮口全開。

あと2cmのところまで赤ちゃんが出てきた。

骨の間に赤ちゃんが挟まった状態なのでかなり痛い!

思わず「あと何回いきんだら生まれますか?」と聞いてしまった・・・。

かなり疲れてきて汗だく、足はガクガク。

泣きそうな声で「痛い~」を連発。

赤ちゃんの頭が見えてきた。

麻酔をして会陰切開をする。

陣痛の痛みで分からないと聞いていたけど、「痛っ!」と叫ぶほど痛かった。

へその緒が挟まっていたので、ヒッヒッフーでいきみ逃しをしながら交互にいきむ。

【16:31】

最後の力を振り絞っていきむと赤ちゃんが頭、肩の順に出てきた。

無事出産!!

出産ドキュメントの他人の出産シーンではボロボロ涙が出たのに、実際は全然涙が出ない。

ただ、「終わった~」と脱力。

生まれたての赤ちゃんと握手。赤ちゃんは看護師さんによっていろいろな処置を受ける。

胎盤がとりだされ、先生が見せながら説明をする。巨大なレバー・・・。

その後、会陰縫合。結構時間がかかった。

看護師さんに体を拭いてもらい、パジャマを着せてもらう。

キレイになった赤ちゃんが運ばれてきて抱っこする。

私からは頭しか見えなくて、ハゲたおじさんの頭みたいだった・・・。

ダンナさん登場。ホッとしてやっと涙が出た。

3人で初めての家族写真を撮ってもらう。

その後、分娩台で1時間半横になり部屋へ戻る。

分娩台から降りると足がガクガクして上手く歩けない。

体中が痛かった。

部屋に戻っても、後陣痛(子宮収縮による腹痛)がひどくて眠れない。

出産の後もあんなに痛いなんて知らなかった。

                              ≪完≫

痛くて大変だったけど、無事五体満足な赤ちゃんが産まれて、比較的安産だったと思います。

 

出産を経験して、まず自分の母親に感謝!

 

そして、すべてのお母さんが偉大だと思いました。(特に何人も産んでるお母さん!)

 

出産の痛みを例えると、「鼻からすいか」とか言いますが

 

私は(赤ちゃんには悪いけど)

 

「10ヶ月の便秘をして巨大なウンチをした感じ」

 

出したいのに大きすぎて出ないんです!!

 

でも、無事に出産できて本当に良かった。

 

これからが大変だけど、結衣と一緒に楽しく育児していきたいです。

 

かわいい我が子へ

 

「生まれてきてくれてありがとう!!」

     にほんブログ村 子育てブログへ 

| | コメント (4)

2007年9月15日 (土)

【40w2d】予定日超過 2日目

予定日超過2日目です。

 

陣痛は夜中に起こりやすいと聞くので、夜になると「来るかな来るかな?」と思ってるんですが・・・。

 

赤ちゃんもぐっすり就寝の様子。

 

私は夜中に2回はトイレに行くのでよく眠れません。

 

トイレに行くたびに「おしるしないかな?」と期待しても裏切られ。

 

今日は、窓拭きをしました。

 

上下に立ったり座ったりの動作。

 

スクワットみたいな動作は陣痛につながるかもと、ちょっと期待してみたんですが。

 

 

昨夜ダンナさんの妹、まりちゃんが一足早く出産祝いを届けてくれました。

 

ちょうどお友達の結婚式で帰ってきていたので、まだ生まれていないけど頂いちゃいました。

 

出産経験のあるお友達にリサーチして、「実用的なものを」と念入りに選んでいただいたみたいです。

 

Photo

 

「私の部屋」の無撚糸とガーゼのタオルとベビー用石鹸。

 

肌触りがとっても良くて気持ちいい~♪

 

色もベビーピンクで赤ちゃんにピッタリ!

 

石鹸はすごくいい匂いなので、私の入院バッグに忍ばせました。

 

   にほんブログ村 マタニティーブログへ

| | コメント (4)

2007年9月14日 (金)

【40w1d】予定日超過1日目

今日も赤ちゃんは出る気がないみたいです。

 

いいお天気だったので、張りきってお布団を干したり、家中を掃除したり、雑巾がけもしました。

 

積極的に動いているつもりです。

 

 

そうそう、今日はいい事がありました。

 

ご近所に同じ年代のご夫婦が住んでいて、そちらにも赤ちゃんが生まれた様子。

 

今日、うちにも赤ちゃんが生まれることを知り、赤ちゃんを抱っこして挨拶しに来てくれました。

 

うちよりも1ヶ月早く出産したそうで、同じ女の子。

 

今のところプレママの友達もいなくて、近所にも同年代の人があまり住んでいないので

 

子供に友達ができるか心配でしたが、幼なじみのお友達ができそうです。

 

出産がどうだったか聞いてみると、

  

今までで、一番の痛みだったとか。

 

ホントに痛いんだなぁ。

 

う~ん、痛いのはイヤだけど・・・。

 

赤ちゃんに会うために乗り越えなくては!!

 

   にほんブログ村 マタニティーブログへ

| | コメント (0)